離職率が高い美容師業界

uluohtrs
お洒落でカッコいい職業として憧れの的でもある美容師の求人ですが、その離職率が非常に高い事も気になるのではないでしょうか?
当サイトでは、美容師の離職・転職の実態と、離職率が高い背景にあるものは何か?といった問題に迫っていきます。

長期間仕事が続かない美容師の実態

美容師の離職率がどのくらい高いのかというと、3年以内ではすでに7〜8割の人が辞めていくというデータが判明しています。
特に、若い世代が中心になっている業界なので高齢になるほど仕事を続けるのは困難なようです。
40歳以上の美容師は、全体の数%しか占めていないのです。
このため、将来設計をしっかり支える仕事に就きたいと考えている人にとっては、少々厳しいものがあるでしょう。
他には、個人経営の店が多いので店長・オーナーをはじめ人間関係で苦労するとか、立ち仕事なので腰痛を発症し辞めざるを得なくなったという理由もあります。

本当に厳しい業界なのか?

年齢的な問題で長期にわたって活躍しにくいのはもちろん、それ以外にもいくつかの理由があります。
美容師は実際に経験してみると想像以上に体力や気遣いの必要な仕事なので、数年で途中挫折してもおかしくないハードな業界なんです。
これで給料が高ければまだ頑張れそうなものですが、残念ながらある程度経験を積んでも月収20万に満たない美容師は少なくありません。
途中挫折してしまう美容師の多くは、アシスタント時代にすでに業界を離れていきます。
美容業界で安定して人気を得るには、それだけハードルが高い証拠です。
美容師の世界には、比較的女性が多いことも関係しているでしょう。
結婚や出産などがきっかけで、辞めていく女性がほとんどになります。
厳しい仕事なので、家庭と両立させるには、いくら仕事のできる女性でも大変な苦労を強いられるからでしょう。

離職した後の美容師はどうしているのか?

数年間で美容師を辞めてしまった人でも、その経験を一切無駄にするのはもったいないことです。
アシスタント時代や、少しだけでも現場で働いていた時の経験を活かせるような、同じ美容業界内での転職が一番おすすめできます。
特に、30代を超えて全く別の業界に転職するには不利な部分が大きく、新しい業界に慣れていくのは大変なことです。
独立して個人で小規模のサロンや美容室を開いて、活路を見出す人もいます。
美容師の商売は、空き部屋が一つあるだけでもお客を入れるのが可能なので、自由にマイペースで仕事を続けられるメリットもあります。
しかも、腕さえ衰えなければ、年齢に関係なく好きなだけ美容師として働き続けられるチャンスもあるんです。
中高年世代の美容師でも、若者相手に商売を続けるのは難しいですが、同年代をターゲットにすれば十分に需要を獲得できるでしょう。

まとめ

これまで述べてきたように、美容師を長く続けるには独立してでも活躍していくだけの気概、覚悟が欠かせません。
すでに過酷なアシスタント時代でその資質が試されていると言ってもいいでしょう。
そんな厳しい時期に限界を感じてしまった人でも、美容師としての少しの間の経験を、同じ業界で活かす道は沢山あります。
数年で離職していく人が大半だからと言って、それだけで美容師を志すのを諦める理由としては納得がいかないのではないでしょうか?
離職した後でも困らないために将来設計をしっかり立てておいて、華やかな世界に一歩踏み出してみるのは、貴重な人生経験となるでしょう。
PR:美容師求人情報なら美ジョブナビ

Wgat's New

アーカイブ

美容師求人サイト
美容師求人
ページ上に戻る